Now Loading...

歯列矯正とは/りょう矯正歯科クリニック


矯正治療開始までの流れ

無料相談・カウンセリング

問診票に、気になっていること、現病歴、家族歴などをご記入いただきます。
次に、顔の輪郭と口腔内の診察を行います。
総合的な診察結果をもとに、治療方法・期間・費用の概要をできるだけ解り易くお話しさせていただきます。

精密検査

事前のご予約でSTEP 1 と同日も可能
確定診断のために、検査に必要な資料(レントゲン写真、口腔内・顔貌写真、歯型)を採集します。

分析結果・治療方法の説明

分析結果をもとに治療計画をご説明します。
必要に応じて、治療後のイメージを共有するための「予測模型」や「顔貌予測」の資料をお見せします。

治療開始前の準備

約30~60分必要な回数実施します。
治療することに同意いただいたところで、機械的歯面清掃や歯周基本治療などを行い口腔内環境を整えます。抜歯が必要なケースでは必要抜歯を行います。

矯正装置の装着

矯正装置を装着します。
その後は通常1~2ヵ月に1度のペースで来院していただきます(30分〜60分)

歯科矯正治療が必要な理由

歯科矯正・歯ならびの治療はなぜ必要なのでしょうか。
見た目を美しくするということが一番に取り上げられることが多いですが、実は体や精神の健康に大きくかかわっています。
良い歯ならび、良い咬み合わせは、健康で豊かな人生には欠かせないものなのです。直接的に命にかかわる問題に発展することではありませんが、とても大切なことなのです。

健康増進/QOLを向上できる治療

歯列矯正は、自分の歯を理想的な位置に動かす治療であり、QOLを向上させることのできる歯科治療です。
歯ならびに問題がある場合、歯磨きをしても歯の汚れ(プラーク)が残りやすい為、虫歯・歯周病・口臭など、歯科疾患のリスクが高くなります。また、口は身体の入り口であり、良い歯並びで口腔内の健康を長期的に保つことは元気な身体を維持するために必要なことと言えます。

審美性の向上/歯並びがきれいになり清潔感が向上します

矯正治療では、歯並びが綺麗になり清潔感が向上します。
歯並びは自分が思っている以上に、他人に見られています。また、歯と歯並びは生活感が表れやすい部位であり、相手が受ける第一印象に良くも悪くも影響を及ぼします。その為、歯並びや口もとにコンプレックスのある方は、笑顔に自信が持てなかったり、人前で歯を見せないようにしたりする方もいらっしゃいます。
歯並びが良くなり笑顔に自信がつけば、社会生活を営む上で大変なアドバンテージになることと思います。

咬み合わせの異常は、骨格の問題へ

咬み合わせの異常を治し、バランスの良い顎の成長を促します。成長期の咬み合わせの異常は、顎顔面領域の骨格や口腔周囲筋への悪影響を引き起こす原因となります。
また、骨格の問題が大きくなると、咬み合わせという口の中の問題だけでなくお顔の印象を損なってしまうことがあり注意が必要です。 成長期のお子様であれば、顎の成長を利用して治療することができます。
咬み合わせの異常は放置せず、できる限り早く矯正医への相談をお勧めします。

発音・咀嚼への影響

歯ならび・咬み合わせは「発音」と「咀嚼」にも大きく影響します。歯の間に隙間がある・歯が咬み合っていないような場合、正しい発音ができない・しっかり物を咬めないなどの理由で精神的・肉体的な負担となることがあります。発音と咀嚼は、歯並び・咬み合わせと連動しながら、成長とともに自分のものとなります。
特に「開咬」という不正咬合では、「物が咬み切れないこと」や「舌っ足らずのしゃべり方」との関連が疑われます。発音と咀嚼が上手に出来るようになる為に、可能な限り早い段階での治療をお勧めします。

歯科治療を難しくする

「前歯に綺麗な被せ物を入れる」、「インプラントを入れる」、「虫歯を削って綺麗につめる」といった場合、歯並びが綺麗な状態でこれらの処置をするのと、歯並びが悪い状態で処置をするのでは治療結果に差が出ることがあります。
補綴前矯正では、補綴物を設計する前に、対象となる歯とその周囲の歯を理想的な位置に動かします。自費診療で補綴治療をする場合など、矯正の必要性があるか否か、担当医と相談することをお勧めします。
※人工物で欠損部位を補う歯科治療