Now Loading...

費用/矯正料金のめやす~ゆいの杜の歯科矯正専門「りょう矯正歯科クリニック」/栃木県宇都宮市の歯科矯正専門

本格的矯正治療の費用

審美ブラケット
検査・診断料
(乳歯列期・混合歯列期に検査を受けた方は無料です)
40,000円[税抜]


【トータルの費用】

審美ブラケット(表側の矯正)
790,000円~
1030,000円[税抜]
ハーフリンガル
(上顎裏側、下顎表側)
 
 
リンガル矯正(上下裏側の装置)
1,120,000円~
1,360,000円[税抜]

そのような場合に対応すべく、「処置料に36回(約3年間)分=\360,000という上限を設定しております(オリジナルの料金システム)。これにより、長期間の通院が必要な場合でも、一定の治療総額を超えることはございませんので安心して治療を受けていただけます。」

  

費用例:動的治療期間2年の場合 ※月1回ペースで24回処置の場合


表側の矯正治療「大人の歯科矯正にかかる費用」

審美ブラケット

セラミックを使うスタンダードな「審美ブラケット」

審美ブラケット
570,000円[税抜]
処置料総額(10,000円×24回)
240,000円[税抜]
保定治療費(リテーナー+調整料)
100,000円[税抜]
合計金額
910,000円[税抜]

〇 付加的な装置(矯正用アンカースクリューなど)の費用は、ブラケット装置代に含まれております
〇 メタルブラケットは、520,000円[税抜]です
〇 装置費用のお支払いは、一括、分割、カード支払、デンタルローンからご自由にお選びいただけます
〇 抜歯費用は、依頼先の医院で別途かかります

表側の矯正治療「大人の歯科矯正にかかる費用」

審美ブラケット

上下リンガル(舌側)矯正装置

上下リンガルブラケット
900,000円[税抜]
処置料総額(10,000円×24回)
240,000円[税抜]
保定治療費(リテーナー+管理料)
100,000円[税抜]
合計金額
1,240,000円[税抜]
目立たず、体に優しい最新の装置

ハーフリンガル矯正装置

ハーフリンガル
750,000円[税抜]
処置料総額(10,000円×24回)
240,000円[税抜]
保定治療費(リテーナー+管理料)
100,000円[税抜]
合計金額
1,090,000円[税抜]


アライナー型矯正装置

マウスピースの矯正インビザライン

アライナー型矯正装置インビザライン処置料(保定治療費込み)

●インビザライン・フル
1,000,000円[税抜]
●インビザライン・ライト
650,000円[税抜]

※インビザライン・ライトは14シート以内で治療が完結する、非抜歯症例かつ軽度の叢生症例のみ適応です。
※インビザラインは処置料と保定治療費まで含まれているトータルフィーです。
※当クリニックで採用しているインビザラインは、完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。


アソアライナー

●アソアライナー(片顎1シート)
30,000円[税抜]

〇 装置作製準備の為、装置費用の20%を治療開始前にご請求いたします
〇 付加的な装置(矯正用アンカースクリューなど)の費用は、ブラケット装置代に含まれております
〇 装置費用のお支払いは、一括、分割、カード支払、デンタルローンからご自由にお選びいただけます
〇 抜歯費用は、依頼先の医院で別途かかります

乳歯列期(乳幼児)の費用

審美ブラケット
検査・診察料
無料
成長発育管理料(乳歯列期)
無料
各種装置費用
(来院毎の装置調整料を含む)
1装置につき
70,000円[税抜]

この時期の治療は、お子様の早期治療の必要性と協力状態に応じて簡単な装置で治療を行います。

費用例:乳歯列期(幼児期)に反対咬合の治療をした場合


アクチバトール又は習癖除去装置
70,000円[税抜]
成長発育管理料
無料
合計金額
70,000円[税抜]

混合歯列期(学童期)の費用

審美ブラケット
検査・診察料
25,000円[税抜]
成長発育管理料(混合歯列期)
100,000円[税抜]
各種装置費用
(来院毎の装置調整料を含む)
1装置につき
70,000円[税抜]

費用例:混合歯列期(学童期)に出っ歯とデコボコを治療した場合


成長発育管理料
100,000円[税抜]
拡大装置
70,000円[税抜]
部分矯正(セクショナルブラケット)
70,000円[税抜]
リテーナー
70,000円[税抜]
バイオネーター
70,000円[税抜]
合計金額
380,000円[税抜]

混合歯列期(学童期)の費用

審美ブラケット

費用例:理想的な矯正をする為の二段階治療
I期治療で四つの装置を使い、顎の矯正をしてから本格矯正を始めた場合(審美ブラケット装置で動的治療1年6カ月の場合)


I期治療費


成長発育管理料(混合歯列期)
100,000円[税抜]
装置代(総額)
280,000円[税抜]
合計金額
380,000円[税抜]

II期治療費


検査・診断料
無料
審美ブラケット装置代
570,000円[税抜]
I期治療でお支払い済みの装置代
-280,000円[税抜]
処置料総額(10,000円×18回)
180,000円[税抜]
保定治療費
100,000円[税抜]
合計金額
570,000円[税抜]

I期治療+II期治療


合計金額
950,000円[税抜]

サポート制度「家族割引・転勤割引」

審美ブラケット

ご家族いっしょに

ご家族でお二人目の矯正を始める場合には、成長発育管理料の25%又は、本格矯正装置の10%をお値引きいたします。
ごきょうだいや親子、またはご夫婦でもご利用いただけます。

審美ブラケット

転勤が多い方向けのサポート制度

当クリニックでは、転居などのやむをえない理由により、本格矯正治療を中断せざるをえない場合には、治療の進行状況に応じて返金(清算)を致しております。返金された費用は転医先での治療費にあてていただくことができます。矯正治療をしたいけれど、『転勤族だから矯正は無理だな』など、時間的な理由で矯正治療を諦めている方はぜひご活用ください。

治療期間に対する返金のめやす

矯正治療の進捗状況 矯正の総費用に対する返金の割合
治療期間の1/2に満たない場合 50%
治療期間の1/2~3/4の場合 50%~25%

医療費控除について

医療費控除について

矯正治療費は医療費控除の対象になります(いくつかの条件があります)

歯科の医療費控除とは?
医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。 治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。 本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。 ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ